Galvanize、「2020 Gartner Magic Quadrant for IT Vendor Risk Management Tools」で リーダーに選ばれ表彰される

ヒーローと非ヒーローを分けるもの

業者リスク プロセス全体を管理します。

サードパーティの財務、経営、評判、セキュリティのリスクにさらされる度合いを最小化します。 ThirdPartyBond はサードパーティ リスクマネジメントのライフサイクル全体を自動化します。

サードパーティのオンボーディング、評価、改善から業績監視や継続的なレビューまで、Galvanize のソフトウェアはプロセス全体を管理します。

[選択]アイコン

ThirdPartyBond を理由理由

1

データ収集プロセスを自動化し、時間とコストを削減します。

2

すぐに使える業者リスク スコアリングに基づいて、改善作業の優先順位を決定します。

3

業者の回答に基づいて変化する適応型調査に評価作業を集中します。

4

既製のワークフロー、ロール、レポート、コンテンツを使用して、すばやく開始できます。

本文の区切り
ThirdPartyBond:リスクのライフサイクル マネジメント

エンドツーエンドのサードパーティ リスク ライフサイクル管理

  • 業者のオンボーディングと分類をスピードアップします。
  • 一元化されたリポジトリで自動化されたリスクに基づく統制評価を使用して、証拠の収集といった手動のタスクを削減します。
  • 評価調査コンテンツおよびアンケートのライブラリにアクセスします。
  • 便利なワークフローと承認で契約書を管理します。
  • 自動ワークフロー、通知、エスカレーションを利用します。

継続的なサードパーティ リスク監視

  • リアルタイムの業績監視を使用し、業者のサービスレベル契約(SLA)を手動または自動で入力して追跡します。
  • オンサイト訪問の監査結果を追跡して改善します。
  • リアルタイムの財務インテリジェント フィードと同期します。
  • 独立系のセキュリティ評価サービスと統合し、サードパーティを分類して、オンサイト監査スケジュールを自動化します。
ThirdPartyBond:継続的なリスク監視
ThirdPartyBond:リスク レポート

サードパーティ リスク レポート

  • マトリックスでサプライヤーを比較し、リスクに基づくプロジェクト計画を実現します。
  • ドラッグアンドドロップ操作が可能な動的なダッシュボードを、地域、事業部門、コンプライアンス標準、リスク別に表示します。
  • 対話型のストーリーボードを使用して、サードパーティのリスク態勢を上級管理職や経営陣に示します。
  • 各セキュリティ ギャップについては、すぐに使える加重スコアリングが用意された業者リスク スコアカードを使用して、改善の優先度を決定します。

ThirdPartyBond は、サードパーティ リスクを継続的に監視するエンドツーエンドのサードパーティリスクマネジメント ソフトウェアです。導入は非常に簡単です。

ThirdPartyBond のデモを申し込む

ご連絡をいただきましてありがとうございます。

お問い合わせ内容を確認の上、最適な担当者をアサイン中です。 確認が完了次第、担当者からご連絡を差し上げます。

lang="en-US"
X

Galvanize では Cookie を使って弊社 Web サイトの使用状況を知ることで、お客様の操作性を向上させております。 弊社が使用している Cookie の詳細については、 Cookie ポリシーをご覧ください。

引き続き Galvanize の Web サイトを閲覧または使用いただくことで、お客様は Galvanize に対し、Cookie を使用する同意を与えたものと見なされます。 Galvanize による Cookie 使用に同意しない場合は、お使いのブラウザの設定とオプションを使って Cookie を無効化または管理してください。 Cookie を無効にした場合は、Web サイトで意図されているとおりの機能が一部動作しなくなる場合がありますので、ご留意ください。