ページを選択

RiskBond

企業リスクの特定、評価、対応、監視を実現する、統合リスクマネジメントソフトウェアです。

ヒーローと非ヒーローを分けるもの

新たなリスクとリスクプロファイルの変更を明らかにし、素早く対応

RiskBond は、エンド ツー エンドのリスクプロセスにおいて、コアのリスクマネジメント活動を、統合された単一のプラットフォームに一元化及び簡略化します。 スプレッドシートやバラバラのソリューションを並行利用することに比べて、RiskBond は、リスクを組織の戦略的目標のコンテクストで扱うことができます。 RiskBond は、誰もが最重要事に専念できるようにし、リスクの重複を最小限に抑えて、一括で強力なレポートを作成します。

また、本ソフトウェアは、評価プロセスにリスク指標をシームレスに組み込むことで、主観性を取り除きます。 また、散らばっている各チームがリスクを特定し、リモートワークショップ経由で各リスクの評価を集めることができるようになります。 この機能は、充実した使いやすいユーザー インターフェイスにより、第一線にいるチームによるエンゲージメントを最大化します。 これにより、リスクマネジメントがプロセス管理に費やす時間が短縮され、変化をもたらす時間が増えます。

[選択]アイコン

RiskBond が選ばれる理由

1

リスクベースでの管理職による意思決定を、事後対応から予測行動へ改善します。

2

急速に展開するリスクや新たなリスクをすばやく特定し対処します。

3

影響度をより良く理解し対応するために、リスクの集約とレポート作成が簡単に行えます。

4

組織の縦割りを解消し、強力なリスクカルチャーを醸成します。

5

評価とレポート作成においてデータドリブンのリスク指標を使って、主観性を取り除きます。

6

ガバナンスチームと保証チームの連携を単一のプラットフォームで成し遂げます。

本文の区切り
RiskBond:リスク評価

リスク ワークショップ:リスクの特定と評価

  • リモートおよびライブのリスクワークショップを直接プラットフォームでスケジューリングして実施します。
  • 監視しているリスク指標に基づいて、リスク評価を自動化します。
  • S&P500 10K レポートで検証された一般的な主要リスクに戦略的目標をマッピングすることによるベストプラクティスを使って、リスクユニバースをモデリングします。
  • リスクの選好度および影響度に基づいてリスクに優先順位を付けます。
  • 戦略的目標をマッピングすることで、一貫性を持ってリスクを特定します。
  • 管理されているリスクライブラリを使って、リスクを特定しカタログ化します。

リアルタイムのリスクレポート作成

  • KPI と KRI をリアルタイムで監視します。
  • 時間に連れて変化するリスク傾向を視覚化します。
  • 瞬時にリーダーシップレベルのリアルタイムリスクヒートマップを生成します。
  • 役員会レベルのリスク選好に対しリスクポジションが即座にわかります。
  • リスクメトリクスやリスク指標が定義されている閾値を超えたときに、自動通知が送信されます。
RiskBond:リスクに関するレポート作成
RiskBond:統合された保証

統合された保証

  • 重複や複製を削減するように、社内外の保証提供者の作業を調整します。
  • 3 つのディフェンスラインにおいて戦略リスクを保証フレームワークにリンクします。
  • リアルタイムの組織の保証マップを、関心分野を強調表示して自動的に生成します。
  • リスクプロファイルに変更が発生した場合の通知を自動化します。
  • 標準化された評価方法論を使って、組織における一貫性を向上させます。

RiskBond の導入・活用方法をご提案いたします

RiskBond デモを申し込む

ご連絡をいただきましてありがとうございます。

お問い合わせ内容を確認の上、最適な担当者をアサイン中です。 確認が完了次第、担当者からご連絡を差し上げます。

フッターの区切り
lang="en-US"