Ebury、組織全体のオペレーショナル・エクセレンスとデータ主導型のインサイト活用推進に Galvanize, a Diligent Brand を採択

Ebury に統合ソリューションがロードマップを示す。作業効率や情報の可視性、データ主導型の AI 能力等の向上に貢献

2021 年 9 月 14 日、バンクーバー — 本日、SaaS ガバナンス、リスク、コンプライアンス(GRC)ソフトウェアのグローバル リーダーである Galvanize, a Diligent brand は、企業の海外取引をサポートする大手グローバル トランザクション プラットフォームの Ebury が自社全体のリスク・統制管理方法の統合および効率化に Galvanize の HighBond プラットフォームを採択したことを発表しました。
Galvanize の HighBond プラットフォームは追加コスト不要のスケーラブルなシステムを提供し、Ebury の成長につれ重要さを増すリスクや統制に関するあらゆる情報の取得を可能にします。 取得した情報を Diligent のボード ガバナンス ツールを通じて、経営陣に報告することもできることから、 組織全体の作業効率や情報の可視性、データ主導型の AI 能力等の向上に貢献します。

「HighBond を選ぶことにした大きな理由は、直感的に操作できるインターフェースと高いユーザー エクスペリエンスです。導入を進めやすく、会社内にリスク認識文化を根付かせることができます」と、Ebury のリスク グローバルヘッドを務める David Sirignano 氏は語ります。
ロンドンを拠点に 2009 年に設立された Ebury は、今や 20 か国を超える世界の市場へと手を拡げ、多額の資金調達に成功した欧州でも名の知れる大手 FinTech 企業へと成長を遂げています。 Ebury の成長は一方で、コンプライアンスと保証の面で増していく義務の効率的な管理を必要とするようになりました。 その過程で、同社は Diligent がスケーラブルで自動化された統合リスクマネジメント プラットフォームを提供する優れたパートナー足り得ることを知り、 ウリである HighBond がデータの統合やオンデマンドのリスク・保証レポートを作成できるということもあって、信頼できる意思決定に資するとこのソリューションの導入を決めました。

「Ebury のようなデジタルディスラプターには、会社の成長促進をサポートし、経営陣が信頼できるデータを基に戦略的な意思決定を下せるようにしてくれるパートナーが必要です」と、Galvanize の International Managing Director を務める Keith Fenner は述べ、 「そこで頼りになるのが HighBond。企業全体のオペレーション リスクを管理する Diligent 経営陣肝煎りのツールをさらに強化し、統合ソリューションとして効率的に重要な意思決定を行える信頼性を提供するでしょう」と続けています。

Galvanize について

Galvanize, a Diligent Brand は、世界最大規模の組織向けに、数々の受賞歴を誇るクラウドベースのセキュリティ、リスクマネジメント、コンプライアンス、および監査のソフトウェアを提供するリーディング カンパニーです。 統合された HighBond プラットフォームはリスクを可視化し、コンプライアンスの実証をしやすい環境を構築します。また、追加費用なく、監査・リスク・コンプライアンスの各種プログラムを成熟させることが可能です。 Fortune 1000 や S&P 500 に名を連ねる多数の企業や、何百もの政府機関、銀行、メーカー、および医療組織のチームなど、130 か国の 6,300 社以上もの顧客企業が HighBond を信頼し、目標を達成しています。 脅威の管理、リスクの評価、統制の測定、コンプライアンスの監視、または保証の対象範囲の拡大などのどの分野においても、HighBond は手作業を自動化し、組織全体のデータを統合して、共有が容易なダッシュボードやレポートとしてデータを配信します。

Ebury について

Ebury は中小企業や時価総額が中規模の企業を主なターゲットとして金融ソリューションを提供する FinTech 企業です。 国際決済や回収を専門に、主要市場から新興市場まで幅広く 130 種類以上の通貨で外国為替関連サービスを提供しているほか、現金管理戦略や貿易金融、外国為替リスクマネジメントにも対応しています。

スペイン出身の Juan Lobato 氏と Salvador García 氏によってロンドンを拠点に 2009 年に創立。同社はグローバル市場にプレゼンスを確立するまでに成長し、今や 1,100 名以上の従業員を擁し、20 か国に 24 所のオフィスを構えています。 Ebury が処理する取引の総額は年間 210 億米ドルに上ります。 会社の創立以来、「Europe’s Fastest-Growing Companies 2020」や「The Sunday Times Tech Track 100」など、20 種類以上の国際的な賞の表彰を受けています 。 こうした一連の表彰が、Ebury をトップクラスの欧州 FinTech 企業だということを表しています。

©2021 ACL Services Ltd. ACL、Galvanize、Galvanize のロゴ、HighBond、および HighBond のロゴは、ACL Services Ltd. dba Galvanize の商標または登録商標です。 その他の商標はすべてそれぞれの所有者の所有物です。

関連記事

lang="en-US"