ページを選択

FraudBond

不正や贈収賄の検出から一連の対応までを強力に支援する防止対策プログラムを管理し、組織の健全性維持と不正防止コンプライアンス義務の履行を支援するソフトウェアです。

本文の区切り

ベストプラクティスのワークフロー、データアナリティクス、防御性、リスクベースのアプローチ

不正は、政府機関や銀行から医療機関やメーカーに至るまで、どの組織でも起こりうる現実的な課題です。 不正リスクを低減する最善の方法は、疑わしい活動を早期に検出し、誤検出をすばやく除去して、異常な活動が大きな問題となる前にアクションを取ることです。

FraudBond を使用することで不正を検出、防止して全体リスクを低減させることができます。 データが統合して分析することでリスクのフラグ立てを行うことができます。 ロボティックデータオートメーションは、不正のトレンドを検出し、マッピングすることで、不正を直ちに遮断すると共に誤検出をすばやく除去します。

[選択]アイコン

FraudBond が選ばれる理由

1

インシデントを見逃さないように取引データの全量分析を行い、重大な損害が発生する前に不正を検出することができます。

2

広範な業界のベストプラクティスが組み込まれている、不正分析のライブラリおよびツールを使用して取り組みを速やかに開始できます。

3

データ取得にかかる時間を短縮し、誤検出を除去することで、不正と汚職の撲滅にかける時間を増やすことができます。

4

ポリシー、統制、監視プログラムを関連付けることで、贈収賄・汚職防止コンプライアンスの合理化を図ることができます。

5

不正調査上の重要証拠を絶対になくしません。 スプレッドシートと違って、完全な監査証跡が残るシステムですべての証拠を 1 箇所で保管できます。

本文の区切り

プログラム全体の監視

  • 統制の欠陥を評価、監視することで、不正および汚職のリスクを低減します。
  • ERP 統制の客観的な監視を実施します。
  • 贈収賄、汚職(例:FCPA、SAPIN II)、金融犯罪(AML)用の規制プログラムを管理するために、規制と基準を統合します。
  • 匿名の内部通報窓口を通じて告発された不正行為の予兆を記録、調査、およびレポートします。
  • IT セキュリティ、COI、COC、SoD などのトピックに関する従業員やサードパーティへのアンケートを使って、ポリシーやトレーニングの証明書を記録します。

自動化された不正監視アナリティクス

  • 不正防止プログラムにリスクベースのアプローチを適用します。
  • 組織内外のデータ ソースに簡単に接続し、分析を自動化して継続的な監視を行います。
  • 高度なアナリティクスや機械学習を適用して、データトレンドやリスクが高い活動を検出します。
  • 不正行為が拡大する前に、違法行為を検出し、対応フローを自動化して、主要関係者への対応依頼通知を行います。
  • よりリスクが高い不正に集中して、誤検出を減らすように、アナリティクスおよび監視プログラムを改善します。
  • エキスパートが使用するベストプラクティスを含む数百個の事前作成されたアナリティクスを利用することで、有利にプログラムを開始することができます。
FraudBond:不正の監視
FraudBond:ケースマネジメント

問題のエスカレーション、ケースマネジメント、調査

  • ルールベースのワークフローとトリガーを使って、問題のエスカレーションとケースマネジメントを自動化します。
  • タスクの割り当てとワークフロー機能を使用することで、レビューの割り当てを設定し、活動内容やメモを記録します。
  • 検出されたレコードへの対応、精査を実施するために、関係者に対して、証拠の収集や情報の提出依頼を行います。
  • 調査を補強する防衛的証拠の監査証跡を記録します。
  • ワンクリック レポートとダッシュボードを作成することで、関係者に常に情報を提供できます。

FraudBond の導入・活用方法をご提案いたします

FraudBond デモを申し込む

ご連絡をいただきましてありがとうございます。

お問い合わせ内容を確認の上、最適な担当者をアサイン中です。 確認が完了次第、担当者からご連絡を差し上げます。

フッターの区切り
lang="en-US"